BLOGブログ

Domaniメイツ田村真季の東京見聞録 from Aomori

働き方について考える

2017/02/12

お久しぶりです


・1月23日の週 息子インフル
・1月30日の週 無事
・2月6日の週
6日に保育園から呼び出しあり発熱にてお迎え(2度目のインフルかと思いきや中耳炎)

そして私はその週、大阪への日帰り出張を2回(水・金)敢行しました。

今期末も近いし、少しでも案件を…

しかし、保育園のお迎えは18時半マストなので朝早く出発し、18時18分に地元の駅に到着プランです。
(通常の乗換検索アプリだと間に合わないので、乗換駅で猛ダッシュプランです)

金曜日、なんとか出張先での仕事を終え、夕方帰りの新幹線に乗ったところ…
寒い、だるい

朝から何も食べてなかったので、牛タン弁当食べてみるも、寒い、だるい、元気出ない

『これは、ヤバイ

新幹線の移動時間って狭いけど、今じゃ珍しい自分の自由時間。
しかし、読書も勉強もままならず、膝を抱えて震えている怪しいアラフォー。

座っているだけなのに必死で2時間半耐え、都内の猛ダッシュ乗換を…具合悪くて涙するアラフォー。


何とか保育園にたどり着き息子ピックアップ
するも、息子の荷物だけ持ち、自分の荷物を保育園に忘れ、保育士さんが追いかけてとどけてくれるというサザエさん状態

何とか家に到着すると。
image


全身だるくて辛いですが胃腸炎よりは動けるぞ!と自分に喝を入れ、息子の世話
(ご飯はカレーの王子様です)

寒気が辛いのでお風呂に入ったらますます寒い…

何とか息子は寝てくれましたが、これがインフルだったらどうなる?
今度は自分のインフルで木曜日まで出社停止?もうこうなったら病院行かずに過ごそうか?


しかし、昨日勇気を出して病院行ったところ、神様はいらっしゃいました
image


今日からすっかり元気になりました

急な寒さのと疲れが溜まったのと日頃の不摂生かな…
しかし2月時点で今年2回目の発熱。
正直栄養も取れてません。


夫婦実家遠し。
(関東なぞ贅沢は言いませんせめて名古屋仙台位の距離なら…
総合職。
(そりゃ出張も…)
夫激務。

更に、区の1歳半検診は容赦なく平日を指定してきます。女性が輝く社会の実現のため、平日休日選べるようにしてください…

ベビーシッターさんも登録しようとしていますが、全てをこなすのは無理があるような気がしてきました
倒れる前に何とかせねば!

一体どうすれば…?

とりあえず、また明日から頑張る+神頼みのみです

肩身無し

2017/01/24

先日、息子が丈夫に育ってくれており、最近は保育園からの呼び出しもない事に感謝していた矢先…

image

なんとインフルエンザ

しかも月曜日から…
いつもより少し熱いと思ったものの、37度台で、元気だし、と保育園に預けて出社したところ速攻で電話が…

久しぶりの呼び出し

そしてインフル判定…
最低でも熱を出した日から5日間は登園禁止!
0歳復帰、なんとかこの1年無事に過ごせそうと思った矢先でした

もちろん息子も私も予防接種は受けてました。受けてたから、39度でも元気なのですよとお医者さんは仰り、確かにぐったりはしていません。
が、どっちにしても出社できないのは変わりなく

4日間休んでしまうとは…涙
夏休みより休む事に…涙
年末年始休暇より長い…涙

ただでさえ肩身の狭い定時退社、会社でどう思われるのかな?
肩身消滅❗️

飛行機代とホテル代を出してもいいので青森から親にきて欲しい…
(実際は事情によりできませんが)

つい息子の事よりも、そっちを考えてしまう自分に自己嫌悪
(でも、それは息子が快方に向かったからだよね、と自分に言い聞かせます

実際インフルは下手すると命に関わる、と考えると元気になりつつあるのは大変ありがたい事

つわり等では1日も休まなかった自分。
自分については頑張れば何とかなりますが、息子については、制御不能。
夫も忙しいし、替えのきかない仕事であり、有休(看護休暇はもちろん育休も)は存在しません。

夫に移らないように看病し(とはいえ何もできませんが)過ごせたら合格としよう…

今この瞬間、 同じように肩身狭く過ごしているワーママの方がいらっしゃいましたら、共に頑張りましょう


箱根の温泉

2017/01/21

最近、いろんなことがありまして…

『自分や家族が何事もなく元気に生きているという事は本当にありがたい奇跡である
と心から思います。

常日頃、人を羨んでばかりの自分。
四十を前にして惑わってばかりで、自分の顔にも責任も持てそうにありませんが、前に進まなければ!
そして何らか世間に貢献できる人間になりたいのです





年末に宿泊した箱根の温泉『弓庵』のお話。
今回の年末年始はお休みが短い!
近場の温泉にでも、と思うもののオムツが取れていない息子連れ。
皆癒しを求め温泉に行くだろうに、邪魔してはならない…

という事は、部屋食とお部屋に露天風呂が必要。(コストもかかる)

という事でこちらにお邪魔しました
image

小規模でこじんまりとしたお宿です

お部屋には専用の半露天風呂
image


image

2人とも1年間お疲れ様でした
夫→仕事も忙しい中息子のお世話もありがとう
私も仕事+子育てしてますが、2つ足しても夫の仕事には遥か及びません

息子→1歳前から保育園に通うも、元気で過ごしてくれてありがとう
4月から今まで息子の体調不良による看護休暇3.5日。0歳児を保育園に預けたってまともに会社通えないよ、と脅されてましたが、おかげで母は何とかやってこれました
(息子にとっても、私と2人で過ごすよりは、保育園はお友達も先生もいるし衛生的だし栄養も取れるし運動もするし良かったな、と思います)

自分企画なので喜んでくれて嬉しい〜

ちなみに大浴場はないので部屋から出ることはなくお籠り感満載。

ご飯も前評判通りの美味しさ
image

しかし、落とし穴。
最近はほぼ大人と同じようなメニューの息子。自分の分のご飯をあげればいいや、と思ってたのですが、おいしいようで、パクパク食べられてしまい、自分はひもじい思いを…

周りにコンビニなどもないので、ヘルシーな年末になりました

朝食もまた美味
image
フカヒレスープが絶品です



しかし箱根って、今回初めて泊まったのですが、広範囲に渡ってるんですね。
初めて知りました

今年は海外にもチャレンジしたいのですが、赤子連れでなかなか勇気が出ません…

PROFILE

田村真季

1978年3月18日生まれ、O型
【職業】会社員
【趣味】ランニングほかスポーツ、腹筋、飲酒、お昼寝、500円玉貯金、断捨離
【特技】すぐ寝ること

RECENT ENTRY

ARCHIVE

月別アーカイブ

CATEGORY

カテゴリ別アーカイブ

SEARCH

記事検索
小学館雑誌定期購読Privacy policy小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2016 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。